ACCでするファクタリングを解説|担保も保証人も不要

資金繰りが悪いからと借入をすると、決算書に響きますよね。

また既に銀行借入があると、銀行から厳しい指摘を受けるでしょう。

「でも、資金不足を解消したい・・・」

そんな事業主にオススメしたいのが、ファクタリングです。

ファクタリングであれば、決算書に赤字を増やすことなく資金調達が可能です!

そんなファクタリングですが、国内にはたくさんの会社が存在します。

ここではその中でも、即日買取・即日入金で有名なファクタリング会社ACCについて解説しています!

こんな方にオススメの記事

  • 今すぐ資金不足を解消したい
  • 金融機関からの融資を受けることができない
  • できるなら借入れをせずに資金調達したい

東京のファクタリング会社ACCについて知ることで、効率的な資金調達ができますよ!

ファクタリング会社ACCって?

ファクタリング会社ACCって?

まずはファクタリングサービスを提供するACCの、

  • 会社概要
  • サービス

について解説していきますね。

ヒント

これから資金の取引をする会社情報やサービスについて理解することで、ご自身の事業に合った取引先かどうか判断するのは大切ですよね!

会社概要

運営会社 株式会社ACC
代表者 和田 翼
所在地 〒115-0045 東京都北区赤羽2-20-2
営業時間 9:00〜19:00
事業内容 経営コンサルティング事業/金融機関対策
取引形態 2社間・3社間ファクタリング
お問い合わせ方法 電話・メール・LINE

株式会社ACCは東京都北区に事務所を持つファクタリング会社です。

事業内容はファクタリングだけでなく、経営コンサルタント事業も営んでいるため利用者の事業を深く理解できる会社といえるでしょう。

またファクタリング会社としては珍しく、LINEでの問い合わせも可能です。

そのためACCのスタッフが対応可能であれば、営業時間外であっても質問ができるでしょう。

サービス内容

ACCのファクタリングサービスは大別して2種類あります。

  • 2社間ファクタリング(ACCと事業主が直接契約する)
  • 3社間ファクタリング(得意先も契約に介在する)

またACCの提供するこの2つのファクタリングはそれぞれ項目ごとにサービス内容が異なります。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
契約までの時間 最短即日 即日はほぼ不可能
買取対象金額 売掛金の70% 売掛金の90%
契約に得意先は必要? 不要 必要

そのため2つのサービスでオススメの人が異なるんです。

たとえば、

2社間ファクタリングがオススメの人

  • とにかく早く現金化したい
  • 得意先に内緒で契約したい
3社間ファクタリングがオススメの人

  • 資金繰りにまだ余裕がある
  • 手数料を安く済ませたい

といったようにご自身の置かれている状況で選ぶとよいでしょう!

ファクタリング会社ACCの3つの特徴

ファクタリング会社ACCの3つの特徴

そんな2種類のファクタリングサービスを提供しているACCの特徴を下記3つご紹介します!

  • 担保も保証人もいらない
  • 決算書に影響が出ない
  • 継続的な利用がしやすい
ヒント

継続的な資金調達先を探している方に必見の特徴になっていますよ!

担保も保証人もいらない

ACCのファクタリングは融資とは異なり、売上債権の売買取引になります。

そのため担保も保証人も不要です。

仮に事業主が銀行に融資を依頼する際、自己保有の土地建物を担保として差し出していることが多いでしょう。

しかし、ACCを使ったファクタリングならそういった煩わしさはありません。

決算書に影響が出ない

融資ではないという点でいうと、もうひとつメリットがあります。

それはファクタリングを利用しても決算書には載らないという点です。

当然ですが、銀行等からお金を借りると決算書の負債に載ります。

ましてや建設業などのように入札のために格付けが必要な事業をしていると、借入は避けたいのが本音でしょう。

それに対しACCのファクタリングは融資ではないので、このような心配とは無縁です。

継続的な利用がしやすい

ACCで一度ファクタリングを依頼すると、同じ取引先の売掛金を預かってもらう場合に審査や手続きが簡略化されます。

そのため当然審査スピードが早くなり、かつ手数料の減額が期待できることもあります。

こうした理由から事業主にとってACCのファクタリングサービスは、力強い用心棒ができたような感じではないでしょうか。

ファクタリング会社ACCの注意点

ファクタリング会社ACCの注意点

ACCのファクタリングでは、個人が得意先になっている売掛金は買取できません

理由としては得意先が個人の場合、債務先としての信用が担保されにくいからでしょう。

とはいえ個人が得意先の売掛金以外は買取対象が広く、ほとんどの売上債権を買い取ってくれます。

そのため調達したい金額に応じた売掛金を買い取ってくれるでしょう!

ACCでするファクタリングの利用手順・流れ

ACCでするファクタリングの利用手順・流れ

ACCでファクタリングサービスを利用するには、次の書類を要求される可能性が高いので準備しておきましょう。

  • 得意先に提出した請求書
  • 得意先からの入金実績がわかる通帳コピー
  • 代表者の身分証明書
  • 登記簿謄本(法人事業者の場合)
  • 印鑑証明書
  • 納税証明書

特に登記簿謄本や印鑑証明書・納税証明書は社内だけではそろわない書類なので、前もって用意するといいでしょう。

申込み

まずは公式ホームページのメールフォームからの申込みます。

メールフォームにて下記の項目を入力しましょう!

  • 希望金額
  • 御社名
  • 代表者名
  • メールアドレス
  • ご連絡先電話番号

送信が完了すると、ACCのスタッフから電話が来ます。

その際、取引先との取引経歴や事業主の事業内容などの情報を確認されます。

そのため、あらかじめどんなことを回答するか考えておくことをオススメします。

審査

ACCのスタッフが事業主からの聞き取りをもとに審査をします。

ただ審査とはいっても、銀行融資からの借入れのように信用情報を取り寄せたり、現在の資金繰りを細かく聞かれたりするようなことはありません。

なぜならファクタリングの審査ポイントは主に得意先の営業状況であるため、依頼主である事業主のことはあまりチェックしていないんです。

そのためご自身の経営状況についてはあまり気にする必要はないでしょう。

結果報告

審査が終わるとACCのスタッフから結果報告が届きます。

そして、契約できるということであれば必要書類を提出するように依頼されるでしょう。

契約と入金

ACCのスタッフが書類を確認次第、審査は終了です。

契約を結び、すぐに入金がされるでしょう。

ファクタリング会社ACCがオススメな方

ファクタリング会社ACCがオススメな方

いかがでしたか?

今回はファクタリング会社ACCについて解説してきました。

ACCは得意先が法人である事業主であれば、ほとんどの売掛金を買い取ってもらえるのはとても魅力的ですよね。

中でも下記のような方にはACCが特にオススメといえるでしょう。

ACCがオススメな方

  • 今すぐ資金不足を解消したい方
  • 金融機関からの融資を受けることができない方
  • 担保や保証人が見つからない方
  • 決算書に影響を出さずに資金調達したい方
  • 取引先が法人の方

最短即日でできる審査までは完全無料なので、まずはお問い合わせフォームからご相談してみてはいかがでしょうか?