開業資金や事業資金を調達するのに真っ先に思い浮かぶのが金融期間からの融資です。そして、金融期間からの融資には銀行融資とノンバンクからの融資に大別されます。では、両者の違いについて確認してみましょう。

まず、銀行は顧客となる預金者から借りたお金を、融資を希望する企業や個人に貸すことによって収益を上げています。一方、ノンバンクは顧客からお金を預かることはなく貸付業務だけを行っています。その結果、資金調達が簡単な銀行融資の方が、ノンバンクよりも金利が安いというわけです。ただし、融資を判断する際の審査が厳しい特徴があります。

銀行融資を受ける際に最も気になるのが金利です。そこで、金利の仕組みについても理解しておきましょう。実は金利は常に同じというわけではありません。企業の信頼性や借入額、また銀行の種類によっても異なります。一般的に、売上や利益がしっかり出ている企業や、負債が少ない企業に対しては金利が低めに設定されます。一方で、赤字企業や創業から間もない企業などは、高めに設定されるのが通常です。また、借入額が大きいケースのほうが金利は安く設定されます。さらには、規模が大きい銀行ほど金利が低めに設定されています。つまり、都市銀行から借りるのが最も有利で、続いて地銀、信用金庫や信用組合という順序になっています。

このように、金利の仕組みは意外と複雑に設定されていますが、担保や保証人があるケースでは低めに設定してもらえるケースがあります。ちなみに担保とは、債務者の返済が万一滞ったケースに備えて債務者が債権者に価値のあるものを差し出すことをいいます。一般的に、不動産や有価証券、債権、または価値のある動産などが差し出されます。一方、保証人とは、債務者の返済がない場合にその責任を代替わりする者をいいます。担保や保証人を設定することで、銀行は借金を返済してもらえる可能性が高まりますから、金利も安くしてもらえる可能性が生じます。