ファクタリングで資金調達
個人事業主や中小企業も今の時代に合わせて資金繰りができるように、手形が進化してできたファクタリングは、売掛債権を現金化することで簡単に資金繰りができる仕組みになっています。

資金調達の有効手段となっているファクタリングは他の調達方法に比べメリットが多く新しい資金調達の手段として国も積極的に活用してもらおうと推進する動きが見られます。

そのファクタリングは日本では歴史も浅く聞き慣れないためまだまだ活用しきれていないのが現状です。資金繰りでお悩みであれば一度ファクタリングを検討してみるのも良いかもしれません。

企業において資金繰りは人間の血液と同じ役割を果たしています。資金が尽きれば倒産、資金繰りが苦しくなれば企業活動のさまざまな部分で悪い影響を与えてしまいます。

資金繰りが厳しくなるとわかっているのであれば売掛金を現金化するファクタリングを活用して資金効率を良くしてうまく事業を回すことも可能です。

ファクタリングは売掛金を早期回収できる強力な方法

ファクタリングで売掛金を早期回収
ファクタリングとは、買取ファクタリングと保証ファクタリングの2種類があり、最も一般的である買取ファクタリングは手形に限定されず、売掛金などの売掛債権全てを現金化することを言います。

そのため、商品納入後に売掛金が発生したら、その売掛債権をファクタリング会社へ売却することで現金化できる仕組みです。

これによって取引先には売掛債権が発生しても、ファクタリング契約を結んだ会社に売掛債権を譲渡することで、前払いで現金化することが可能になります。

保証ファクタリングは、ファクタリング会社と企業間で保証契約をすることで、売掛企業が倒産してしまった場合でも契約時に決めていた保証金額を受け取ることができます。

このように、ファクタリングでは銀行からの融資を待つことなく、すぐに資金が必要な場合に早急に現金化できるという部分で資金調達に関して有効な手段となるでしょう。

資金繰りに困っているときに現金を早期回収できればこれほど心強いものはありません。

たった1日で1000万の資金調達ができたファクタリングについて解説

ファクタリングは黒字倒産を回避できる?

企業や会社の倒産となると赤字だと想定されますが、実は赤字ではなく黒字であっても、資金繰りがうまくいかなければ倒産してしまう恐れがあります。

個人事業主や中小企業となると、資金繰りがうまくいかずに支払期日を守ることができないことで信用を失ってしまう可能性も高いです。

これが今後の売上にも大きな影響を与えることもあり、実際の帳簿では売り上げがどんどん伸びていても支払いの催促に対応することに忙しくなってしまい、結果的に倒産してしまうことを黒字倒産と言います。

商品やサービスの提供は現金だけとは限らず、代金を受け取るまでに仕入れや返済などの支払いを手元の資金で賄うことで利益があっても、手元にお金がなくなることで入金と支払の時間差が生まれ、これによって黒字倒産の危機に晒されてしまうこともあるでしょう。

このような場合に、ファクタリングで早急に資金調達することが可能です。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、様々な種類があります。

その中でも最も多いのが、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは最も利用しやすい主流になりつつある方法

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と納入企業との間で契約をするファクタリングサービスで、支払企業への同意などは必要ありません。
2005年に債権譲渡登記制度という、金銭債権の譲渡の登記ができるようになったことで、第三者に対しての証拠になり、この制度によって2社間ファクタリングが可能になりました。
2社間ファクタリングでは、納入企業から商品やサービス提供後に代金の請求を売掛先となる支払企業に行いますが、納入企業がファクタリング会社に債権譲渡の申込みをして、債権譲渡契約と債権譲渡登記を済ませてから直接ファクタリング会社から納入企業に債権買取額の支払がされます。
その後、納品2ヶ月後くらいに納入企業から期日通りに請求書の金額の支払がされますが、既に買取金額の支払いがされているため、ファクタリング会社に入金された金額をそのまま送金するだけで完了します。
債権譲渡登記ができれば、ファクタリング会社から最短で現金化されるので、資金調達方法としては大きなメリットがあるでしょう。

3社間ファクタリングはコストを抑えられる方法

3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と納入企業、支払企業との間で契約をするファクタリングサービスで、支払企業の同意をもらう必要があります。

流れは、納入企業から商品やサービス提供後に代金の請求を売掛先となる支払企業に行います。

納入企業がファクタリング会社に債権譲渡の申込みをして、支払企業から同意を得られると、納入企業とファクタリング会社で債権譲渡契約が成立します。

ファクタリング会社から納入企業に債権買取額の支払が行われ、支払企業からファクタリング会社に期日通りに請求書金額の支払いが行われます。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べて手数料が安く設定されているのが大きなメリットです。

ただし取引先に資金繰りが悪化している恐れがあると伝わる点などで3社間ファクタリングを利用する企業は慎重に検討すべきでしょう。

ファクタリングのメリットやデメリットは?

ファクタリングはメリットも多くありますが、デメリットもその分あります。

メリットは資金繰りができて、キャッシュフローが改善されるだけでなく、取引先の倒産や売掛金の未回収のリスク軽減にもつながります。

また売掛金の回収コストの軽減や管理コストの削減もできます。

もっとも2社間ファクタリングは売掛先を通さないでできるのでハードルはそれほど高くありません。

気になる!ファクタリングの2社間取引のメリットとは

デメリットとなるのは、ファクタリング会社を利用することで、売掛債権の10%~30%程度の手数料がかかり、3社間ファクタリングの場合は支払手数料が安くなりますが、契約に時間がかかってしまうこともあります。

資金調達方法としても人気のファクタリングですが、メリットやデメリットをよく考えてから利用してみると良いでしょう。

ファクタリングを法律からメリット・デメリットを探る