ファクタリングの手数料
中小企業が資金調達を行う方法にはいくつかの種類がありますが、銀行から融資を受けるのは容易なことではありません。

こうした状況の中でファクタリングに興味を持った企業も多いのではないでしょうか?

売掛債権を買い取ってもらうことで資金繰りを楽にするファクタリングは政府も推進している方法なのです。
売掛債権と資金繰りの関係はこちら

その魅力の1つに『審査が緩い』ことが多く取り上げられます。

ただ、一方で手数料がかかる点に注意しなければなりません。

手数料につい目が行きやすくなるため悪徳業者のトラブルに巻き込まれる恐れもあるのです。

そこでこのページではファクタリングの手数料について解説していきます。

ヒント

手数料の内訳を理解しておけば悪徳業者を見極める強い武器になりますよ!

資金調達から避けられない審査と金利の壁

まず企業が事業で必要な資金調達をする際には主に以下のような方法が挙げられるでしょう。

  • 公的融資
  • 銀行融資
  • ノンバンクのビジネスローンなど

これらの手段、いわゆる借入はその名の通り借りているため『信用』、それに伴う『利子』がかかります。

そのためそれぞれの借入には以下のデメリットがネックとなり利用できない企業が多いのです。

公的融資 金利は低いが質の高い内容の事業計画書を求められ、厳しい審査が行われる
銀行融資 金利はやや低いが成績や財務内容についてチェックが必要になり、担保を求められる可能性もある
ノンバンクのビジネスローン 審査は緩いが金利が高いため短期間で完済できないと見込みがないと利用しづらい

金利ゼロ!ファクタリングにかかるのは手数料

前項のデメリットを知った上で行き着くのがファクタリングでしょう。

売掛金の売買サービスであるファクタリングには『担保の必要性』『金利』『償還請求権』がありません。

つまり、売掛先が倒産して回収できなくても利用した企業へのリスクはないと言うことになります。

その一方でファクタリング業者はリスクを抱えながらサービスを行うことになるので、手数料を取ることが一般的となっているのです。

ファクタリングの手数料の相場は20%前後

ファクタリングの手数料
では、実際ファクタリングにはどの程度の手数料が発生するのでしょうか?

個人事業主・法人企業が利用した場合、平均すると80%ほどで買取をしているようです。

つまり、ファクタリングは売掛債権全ての金額を買い取るわけではなく「80%の買取の場合は残りの20%が手数料となる」のです。

中には手数料20%は高いと感じる人もいらっしゃるかと思いますが、前項のようなリスクがある上に様々な手数料が発生することで必然的に高くなってしまうのです。

手数料の内訳を確認

ファクタリング会社にリスクがあるとはいえ企業にとって手数料の高さは無視できません。

では、ファクタリングにかかる手数料の内訳を見ていきましょう。

一般的なファクタリング取引の場合、手数料20%の内訳はこのようになります。

  • 企業に支払う代金:80%
  • ファクタリング会社の利益:7%
  • 登記:8%
  • 紹介料:3%
  • 印紙代:2%

いかがでしょうか?

実はファクタリングに掛かる手数料は全てファクタリング会社の利益になるわけではないのです。

登記に掛かる比率が高いのでは?と感じる人も多いかと思いますが、登記を行うにあたっては交通費や人件費も必要になるので、その分手数料も高くなってしまうのです。

債権譲渡に関わる手数料の詳細

では、次に債権譲渡の際にかかる手数料を細かく確認してみましょう。

  • 債権譲渡契約書に必要な印紙代:200円
  • 債権譲渡登記の登録免許税:7500円
  • 抹消登記の登録免許税:1000円
  • 登記事項証明書の交付:500円
  • 振込手数料:100~864円
  • 日当や交通費:業者によって変動

このように細かいお金も必要になります。

手数料は下げることはできる?

前述までのようにファクタリングには手数料を考慮した上で利用した方がいいでしょう。

そのため、企業にとっては少しでも手数料が抑えれないか。と思うのは当然のことです。

現状なかなか難しいですが以下の条件であれば手数料が下がる可能性があります。

  • 2回目以降の取引
  • 取引先が大企業

2回目以降の取引は手数料が安い

ファクタリング会社との取引が2回目以降であれば、信用調査の手間が省けるので手数料を抑えられる可能性も高まります。

そのため、資金繰りに困っていない時期に1度だけ少量の取引を行うことで困った際に手数料を下げた状態で依頼できる可能性もあります。

売掛先が大手企業である場合は手数料が安くなる

大手企業が売掛先の場合は信用力が高く、ファクタリング業者にとって未回収のリスクは小さくなります。

そのため手数料を低くできる可能性が高まるでしょう。

こちらは審査で売掛先の信用を重視するファクタリングならではの方法と言えますね!

高額な手数料を取る悪徳業者に注意する

前述までのようにファクタリングには手数料は発生するとはいえ企業にとってはメリットの多い資金調達法です。

ただ、手数料ばかりに気に取られていると悪徳業者の手口に騙されてしまうので可能性もあるので気を付けましょう。

ファクタリング会社の中には悪徳業者と呼ばれるものも存在するのです!

とはいえ『手数料の内訳』『契約書』を確認しておけば回避するのは難しいことではありません。

手数料について確認する

騙されてしまう方の多くが手数料の内訳を知らないが故に多く取られてしまうことでしょう。

手口としては登記費用を高く見積もったりすることで、平均よりも高い手数料を請求してくるのです。

反対に安すぎる手数料を請求する業者にも気を付けましょう。

その場合、取引を進めていくうちに手数料ではなく違う形で入金を迫る可能性があるのです。

一般的にはファクタリング会社の手数料は20%程度となっており、高くても30%となっているので注意しながらファクタリング会社を決めていきましょう。

契約書はしっかりと確認する

取引を依頼する際には、必ず契約書の控えをもらいましょう。

悪徳業者の中には契約書を作成した後に、書き換えを行うなどして不利な取引をしようと考える場合もあります。

そのため、必ず控えをもらい取引後に間違いがないかしっかりと確認をします。

まとめ

いかがでしたか?

今回はファクタリングの手数料についてお話していきました。

資金繰りに困った際でもファクタリングは借入よりも手軽に活用できますね。

その一方で手数料に関してしっかりと理解していないと思いもよらぬトラブルに巻き込まれるリスクがあるため注意が必要でしょう。

  • 手数料の内訳を理解する
  • 契約書をしっかり確認する

こちらの2点を忘れずに行えば安全に利用できるため業者選びの際は是非活用してみることをオススメします。

ちなみに当サイトファンレジでは安心して利用できる優良業者を厳選しているので是非お試しくださいね!