ファクタリングとビジネスローンはどちらを選ぶべき?
資金繰りを改善するための資金調達方法として多くの企業が融資の検討を行います。

中でも事業資金を工面するためにビジネスローンを利用することもあるのではないでしょうか?

とはいえ融資は何度も行うと必ず限度額に達してしまうため、現状が借入のある場合では次なる融資を受けることは厳しいでしょう。

こうした状況でも売掛金があるのならばファクタリングの活用が非常に有効となります。
売上債権と資金繰りの関係はこちらで解説しています

欧米では広く認知されているこの方法は日本の経済産業省も注目しており、ファクタリングにより資金の流動性が経済の活性化に繋がるであろうと推進する流れがあります。

こうした事もあり売掛金の早期回収が可能なこの方法は新しい資金調達方法の1つとして利用する経営者が今とても増えているのです。

とはいえ、それぞれの違いや利用すべき状況を把握していないとお得な資金調達は厳しいでしょう。

このページでは経営者が資金調達する方法としてファクタリングとビジネスローンのどちらを選択すべきか調査してみました。

ファクタリングとビジネスローンの共通点

ファクタリングとビジネスローンの共通点
では、まず共通点から見ていきましょう。

  • 入金スピードが早い
  • 担保や保証人がいらない
  • 手数料(金利)が高い

ファクタリングとビジネスローンには上記の共通点があり、緊急を要する際の資金調達に活用されています。

では、こうした共通点がある中でそれぞれにはどういった違いがあるのでしょうか。

それぞれの特徴については別のページで詳しく解説しているので気になる方は以下の記事を先にご覧ください!
ビジネスローンの特徴
ファクタリングの特徴

ビジネスローンとファクタリングの違いを比較

ファクタリングのメリット
まず、ファクタリングとビジネスローンはそもそも提供しているサービス自体が異なります。

ファクタリング⇒債権の売買
ビジネスローン⇒融資

そのため資金調達としては同じ目的であっても利用において違いが生じてくるのです。

そこでこの項目では以下の3つの違いについて比較してみました。

  1. 手数料(金利)
  2. 利用上限
  3. 審査の難易度

では、1つずつ見ていきましょう。

手数料(金利)

手数料(金利)
まずビジネスローンの場合、お金を借りているためそれに伴う利子がかかります。

一方でファクタリングの場合、サービス内容は将来的な売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらう資金調達法のため利子はかかりません。

買取するにあたって手数料はかかりますが、長期的な利用を目的とするなら金利のかからないファクタリングを選んだほうがいいでしょう。

また、ファクタリングで資金調達を行えば資金繰りの改善にとどまらず経費を掛けずに純利益を増やせるのも魅力と言えますね。

ヒント

多くの企業では資金繰りを安定させるまでに長期的な利用を視野に入れているようです!

利用上限

利用上限
ノンバンク系ビジネスローンの場合、もともとが中小企業や零細企業に向けて作られているため高額の融資というのは設定されていません。

一方で、ファクタリングの場合は売掛先の信用力が高ければ高額の売掛債権を現金化できるのです。

そのため利用上限下限を設定していない業者もあり、希望に合わせた資金調達も叶うでしょう。

審査の難易度

審査の難易度
お金を借りるとき貸付側は返済能力を審査します。

まず、ビジネスローンの場合、個人が使う用途自由なフリーローンとは異なり事業目的となるため自社の経営状況が主な審査基準となるのです。

一方でファクタリングの場合は、売掛先の経営状況が審査の重点になるため自社の経営状況はそれほど気にすることはいりません。

資金繰りに悩んでいる状況に利用するのであればファクタリングの方が審査に有利と言えるでしょう。

まずはファクタリングで資金繰りの改善!

ファクタリングとビジネスローン
ここまでのお話のように売掛金の支払サイトで資金繰りに悩んでいるような状況であればファクタリングの方が勝手がよく、実際にメリットが多く存在します。

例えば、数ヶ月先の売掛債権も売却することで本来支払われる期日よりも前に資金調達を行えるのです。

もちろん債権の売買ということになりますので借入にもならず資金繰りを改善できるのも魅力と言えますね。

また、資金繰りが改善すればより大きな借入をする際にビジネスローンの審査が通りやすくなります。

資金繰りの改善を目的とした場合、ファクタリングだけで資金調達が完了してしまうことさえあるでしょう!

ファクタリングとビジネスローンの比較調査まとめ

手形割引とファクタリングの比較まとめ
いかがでしたか?

では、最後にファクタリングとビジネスローンを利用する上でおすすめな状況をまとめたので見ていきましょう。

ビジネスローンがおすすめな状況

  • 融資の枠に余裕がある
  • 経営状況や決算内容に余裕がある
  • 一週間前後の時間の余裕がある
  • すぐに完済できる
ファクタリングがおすすめな状況

  • ビジネスローンの審査に落ちた
  • 必要な金額を早急に調達したい
  • 今後の銀行融資へ影響を与えたくない

このように企業が活用している2つの資金調達方法ですが利用に適した状況が大きく違います。

ファクタリングは元をたどれば売掛債権の譲渡をすることによって債権の早期現金化するのが目的となりますのでとても効率の良い手段となるわけです。

オススメの方法として、まずはファクタリングで資金繰りを安定させてからビジネスローンを利用してみるといいでしょう。

取引先にも知られずに利用できるファクタリングもあり、利用者とファクタリング業者の2社間で行う方式も大変人気ですよ!

手数料やスピード対応はもちろんのこと売掛金の現金化(入金まで)しっかり対応してくれるファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。