営業で取引先に掛け売りをした時に売上債権が発生しますが、これは正しく管理を行うことで資金繰りを楽にしたり企業価値を上げることも可能です。

逆に管理を怠れば資金繰りに行き詰まる可能性が高くなったり、企業価値が下がってしまうことを意味します。

ここでは企業価値に関わる売上債権の概要や、売上債権の回転率を上げる方法についてご紹介しましょう。

売上債権について

会社では様々な債権を保有しますが、取引で発生した営業に関する債権のことを、売上債権と呼び、主に売掛金や受取手形が当てはまります。

通常、取引先に商品・サービスを販売する場合、現金で取引することはなく、相手の資金繰り調整など様々な事情から契約時に支払い期限を決め、後払いで決済されます。

この約束に売掛金や受取手形が発生しますが、それぞれがどのようなものなのかご紹介しましょう。

売掛金

取引では現金取引が行われないため、企業同士の信用を担保に取引が行われます。

売った時点では売上が回収されない状態になりますが、この未払いの代金が売掛金です。

受取手形

受取手形の場合、売掛金よりも法的効力が強力な売上債権です。

手形には様々な種類がありますが、一般的に用いられるのが約束手形になります。

手形は証券が振り出すので安全性が高く、手形割引によって期日前に資金化が可能というメリットがあります。

また、裏書譲渡により第三者への支払いに利用できるので、資金繰りでも重要なポジションを担っていると言えるでしょう。

売上債権回転率・回転期間を知るメリット

売上債権は発生したら請求書を発行して相手から入金を受け、回収状況を把握しつつ管理していかなければなりません。

この回収効率を示すものを売上債権回転率と呼び、どのくらいの回転で資金を回し、利益を上げているのかを見極めることができます。

売上債権回転率の求め方は「売上債権回転率=売上高÷売上債権」です。

売上高を占める売上債権の金額が少なければ回転率は良く、効率良く回収できている好ましい財務状況と言えます。

売上債権回転率を把握することで効率良く回収できているか判断できると同時に、売上債権の管理がうまくいっているかも把握できるでしょう。

また、売上債権関連の指標には売上債権回転期間という回収にどのくらいの時間がかかっているかも算出できます。

売上債権回転期間は「売上債権回収期間=売上債権÷売上高÷12ヶ月」で求めることができ、この計算によって回収までの平均期間を把握できます。

回転率と期間が分かれば優良な取引先を選ぶ時に、回転率が良く回収までの期間が短い取引先を選ぶことが可能になるので、貸し倒れを防止につながります。

売上債権回転率を改善することが大切

売上債権回転率が低いと、資金化可能な見込みの低い売上債権が保有する売上債権の中で多いことを示し、売上債権を回収できない可能性を意味します。

順調に回収できなければ資金繰りが悪くなり、経営姿勢が良くないとみなされ信用を失うことや、最悪倒産に追い込まれる可能性も考えられるでしょう。

経営が悪化する状況を回避するためにも、売上債権回転率は改善しなければなりません。

まずは回転率が悪くなる原因を把握しましょう。

顧客別に売上債権を計算し、回転率が高い顧客と取引を強化して、回転率が低い顧客とは取引を見直せば、回転率を少しずつ上げることができます。

売上債権回転期間も顧客ごとに分けて、同じような対応を行いましょう。

それぞれの指数を毎月把握することができれば、回転率の低下や回転期間が長くなった取引先を見つけ出して対応できるので、売上債権管理は重要です。

どのような対応をとるのか自社の回収マニュアルもしっかり策定しておきましょう。

売上債権回転率をアップさせる方法

売上債権の管理を見直して徹底するまではある程度の時間と工夫が必要であり、すぐに回転率が上がるわけではありません。

しかし、手形割引やファクタリングを活用することで、資金を効率良く調達できます。

それにより売上債権回転率の改善が可能ですが、注意もあるので特徴をご紹介します。

手当割引

受取手形は銀行や手形割引業者に手形割引を依頼すると、支払い期日前に資金化させられ、資金繰りの現金を増やせます。

ただ、手当割引は裏書譲渡の一つで、裏書譲渡が回収できない場合は手形割引を依頼した業者に請求可能なため、受け取った金額の全額返済が必要です。

このことから、売上債権回転率の改善には効果は薄いと言えます。

ただ、銀行で手当割引を依頼するとファクタリングよりも多い金額を調達できるので、回転率の改善が目的ではない場合は検討してみましょう。

ファクタリング

ファクタリングは、ファクタリング会社に保有する売上債権を買い取ってもらうことで資金調達ができる方法です。

売上債権の総額が減ることで売上債権回転率を小さくでき、結果的に回転率を良くさせることにつながります。

一般的に、ファクタリングを活用すれば売上債権額の約80%の資金を調達でき、手数料が差し引かれますがすぐに調達できるので資金繰りに有効です。

注意点としては、契約内容が償還請求権の有無を確認しましょう。

償還請求権がある取引なら売上債権の回収ができない場合、ファクタリングで受け取った代金をファクタリングに返す必要がありますが、なしの場合は弁済の必要はないので、売上債権回転率を改善する場合は償還請求権なしで契約してください。

最近の主流は償還請求権なしのファクタリング契約を行う業者がおおくあり2社間の取引になるので取引先に知られることがありません。

このように、売上債権の管理は順調な経営と深い関係性があります。

しっかり回収できていれば企業価値は上がりますが、管理を怠り回収が不十分だと企業価値は下がっていくので注意してください。

売上債権回転率や回転期日が悪い場合は改善が重要ですが、必要に応じてファクタリングを活用してみるのも良いでしょう。

定期的な売掛金があればスムーズに資金調達が可能なファクタリングは他のどの調達方法よりも簡単に行うことができます。調達するまで時間がない、短期間で資金を調達しないと行けない場合に有効です。

無料診断を行う業者も多くいるので数社比較して検討してみるのも悪くなさそうです。