1

会社を経営しているなら知っておいて損がないファクタリングという資金調達方法をあなたはご存知ですか?

現金をすぐに調達できる方法ですが、まだ日本では馴染みのないので聞きなれない方も少なくないでしょう。

一方で海外ではこの資金調達方法はかなりメジャーになっているのです。

すでに日本でもファクタリングの有用性を認識し始めていて政府が後押しする動きも出て来ています。

このページではそんなファクタリングについて基本知識から利用にオススメの優良会社を紹介していきます。

  • ファクタリングってなんだろう?
  • どんな仕組みで行われるの?
  • 違法性とかリスクはないの?
  • おすすめの優良業者は?

こういった疑問を1つずつ解消していくのでファクタリングが初めての方も是非参考にしてみてくださいね!

ファンレジが厳選!実績で選ぶおすすめファクタリング会社

おすすめファクタリング会社

  1. OLTA(オルタ)

    otti

    手数料 5.0
    入金スピード 5.0
    使いやすさ 5.0
    営業時間:
    10:00~18:00(土日祝除く)
    個人事業主の利用:
    利用可能額:
    上限下限なし
    詳細情報

    OLTAは『はやい・かんたん・リーズナブル』の3拍子が揃った超優良ファクタリング業者です。

    AI技術を取り入れたクラウドファクタリングを採用しており圧倒的な手数料の安さと審査の早さはピカイチ。

    また、申し込み~入金完了までがオンラインで完結するため自宅や職場からでも問い合わせが可能です。

    請求書のスピード審査にはお金はかからないので、まずOLTAから申し込んでみるのをオススメします!

    お申込みはこちらから

  2. オッティ

    otti

    手数料 4.5
    入金スピード 4.5
    使いやすさ 4.5
    営業時間:
    365日対応(メールでの申込みは24時間受付中)
    個人事業主の利用:
    利用可能額:
    30万円~5000万円まで
    詳細情報

    OTTIは年間300件以上の取引実績を誇る優良業者です。

    365日営業・最短3時間で振込対応してくれるため緊急時の利用には特にオススメでしょう。

    特徴は個人事業主に強いことで、他のファクタリング業者から断られた方にも柔軟に対応してくれます。

    また、申込後には丁寧なヒヤリングがあり、質の高いサービスには定評があります。

    初めて利用する方、ファクタリングに不安がある方にもオススメです。

    お申込みはこちらから

  3. えんナビ

    えんナビ
    手数料 4.5
    入金スピード 4.5
    使いやすさ 4.0
    営業時間:
    24時間365日対応
    個人事業主の利用:
    利用可能額:
    上限下限なし
    詳細情報

    えんナビは対面式での取引を希望する方には特にオススメの優良業者です。

    オンライン上での取引のような便利さはありませんが、なによりも顔の見える相手と取引できる安心感を重要視する方にはもってこいでしょう。

    もちろん実績も年間1,000件を超える取引があり利用者満足度の高さもうなずけます。

    最短即日で資金化が可能なため緊急時でも対応可能です。

    詳細ページ

    お申込みはこちらから

ファクタリングとは

ファクタリングとは

では、まずファクタリングとはどういったものか解説していきます。

ファクタリングは企業が保有する売上債権をファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達法をいいます。

簡単に言うと将来的に売掛先から入金される予定のお金を一足先に調達できる方法なのです。

売上を担保にした融資とは異なるため銀行や消費者金融からの借入ができない方でも利用できるのが特徴でしょう。

売上債権とは

売上債権とは

では、そもそも売上債権とは一体どういったものでしょうか。

簡単に言うと、売掛先から将来的に支払われる売掛金や受取手形を手にする権利のことを指します。

ファクタリングは支払われる予定のお金そのものではなく権利の売買取引という点が借入との違いでしょう。

どんな売掛金が対応しているのか

どんな売掛金が対応しているのか

では、ファクタリングの取引に対応しているのはどんな売掛金でしょうか?

主に以下を除けば業種を問わずに買取が可能のようです。

  • 譲渡禁止特約が設定されている売上債権
  • 他に譲渡している売掛金
  • 反社会的勢力や公序良俗に反する企業が売掛先

基本的に入金日が確定している売掛金であれば取引できるため利用の幅はかなり広いでしょう。

譲渡禁止条特約が設定されていても取引方法によっては買取してもらえるため縛りは少ないですね。

手形割引との違い

手形割引との違い

手形割引もファクタリングと同様に売掛先からの入金を活用した資金調達です。

ただ、手形割引は売掛先が不渡りを出したり最悪倒産してしまった場合に『買戻し』を求められます。

一方で、ファクタリングの場合は償還請求権なしで取引できることがほとんどなので契約後は売掛金がどうなろうと関係はありません。

売掛先が倒産や不渡りを出すリスクは0ではないので安心して取引したい方にファクタリングはオススメでしょう。

ファクタリングが中小企業の資金調達法の主流になっている理由

主流になっている理由

では、実際にどういった方が資金調達の際にファクタリングを利用するのでしょうか。

調査によると利用者の多くは以下のような理由でファクタリングを行うようです。

  • 大口の資金需要があり、一時的なつなぎ資金が必要
  • 納税のため(法人税、消費税、源泉所得税、他)
  • 新規事業の運転資金
  • 決算前に現金預金の確保
  • 銀行残高証明書が必要
  • 売掛の入金がずれた

銀行からの借入には厳しい審査に加えて小額の利用には対応できないところも多いため中小企業にはあまり適さないでしょう。

一方、必要な金額を必要なときに利用できるファクタリングの使い勝手の良さが支持される理由のようですね。

ファクタリングの特徴

ファクタリングの特徴
ファクタリングは借入しなくても資金調達できるためかなり広い層に利用されています。

では、具体的に銀行や消費者金融などからの借入との大きな違いはどこにあるのでしょうか?

調査したところ以下の3つ点がファクタリングと他の資金調達法で違いがありました。

  • 審査基準
  • 償還請求権
  • 手数料

審査基準は債権の返還能力

審査基準は債権の返還能力
まず、銀行や消費者金融といった借入との大きな審査の違いが債権の償還能力です。

簡単に言うと、『売掛先からしっかり入金されるかどうか』といった点。

つまり利用者の信用力を見られる借入と違い、売掛先の信用力が重要になります。

そのため、ファクタリング利用者の会社が赤字であった場合でも次の売上回収の見込みを証明できれば利用ができるのです。

償還請求権がない

償還請求権がない
償還請求権とは、売掛先が倒産してしまった場合に売掛債権を請求する権利の事を言います。

償還請求権あり → 売掛金が回収できない場合、支払の義務は生じない

償還請求権なし → 売掛金が回収できない場合、支払の義務が生じる

ファクタリングには償還請求権がないため、仮に売掛先が倒産した場合でも支払いの義務はありません。

手数料が高い

手数料が高い

最後の違いは借入と比較して手数料が高いことでしょう。

実はこちらは前述の償還請求権がない点が影響しています。

理由としては、売掛先が倒産した場合に回収できないリスクを考えると手数料を高くせざるを得ないのです。

2種類のファクタリングの仕組み

2種類のファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組みには大きく分けて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが存在します。

違いは以下のようになります。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
ファクタリングの通知  なし  あり
 売掛金入金先  変更なし

支払いを受けた売掛金をそのままスライドでファクタリング業者に支払う

 変更あり

売掛先がファクタリング業者に支払う

文字通り2社間ファクタリングは売掛先企業が関与しないことから取引先に知られず行えます。

その一方で、3社間ファクタリングでは取引先に通知が行われるため、売掛金の支払先がファクタリング業者になるため経営状態が悪いのではないかと悪いイメージを持たれるリスクが気になりますよね。

逆に取引先が経営不振に陥った際でも2社間ファクタリングなら償還請求権なしで取引することがほとんどですので売掛先がもし倒産してしまっても支払い義務が生じることがありません。

ファクタリングの利用方法と手順

ファクタリングの利用方法と手順

申込み~入金までの5ステップ

  1. ファクタリング会社に申し込み
  2. 【仮審査】電話による申込内容に関する確認
  3. 【本審査】必要書類を提出してファクタリング契約の可否を審査
  4. 審査が通るとファクタリング契約に移る
  5. 最短即日で入金される

3社間ファクタリングの場合は契約前に売掛先に同意を求める手順が加わりますが基本的な手順に大きな違いはないでしょう。

ファクタリングの違法性について法的解釈

ファクタリングの違法性について法的解釈

一部の報道でファクタリング業者が逮捕されているのを目にした方は少なくないでしょう。

そこでファクタリングの違法性に関する以下の2つについて解説していきます。

  • ファクタリングの法的解釈
  • 悪徳業者によるリスク

ファクタリングの法的解釈

ファクタリングの法的解釈
結論から言うとファクタリングのサービス自体に違法性はありません

なぜなら、ファクタリングは売買契約、債権譲渡等に当てはまるため『債権の買取による金銭の取引』は法的に問題はないのです。

むしろ中小企業庁は中小企業を対象としたABLを行っているように売掛債権を活用した積極的な活用を推進しています。

悪徳業者によるリスク

悪徳業者によるリスク

ファクタリングのサービス自体に違法性がないとなると、結局逮捕されているのは違法行為を行う詐欺業者ということでしょう。

高額な手数料を要求したり、融資に契約を切り替えて多額の金利を要求する手口が横行しているので注意が必要です。

利用者が違法性を問われることはありませんが、こうしたトラブルは回避する必要がありますね。

債権流動化に伴うファクタリングの需要と今後の動向

債権流動化に伴うファクタリングの需要と今後の動向
数ヶ月先の売上を現金化できるファクタリングは今後も中小企業を中心とした資金調達法として活用されていくでしょう。

また従来の手形・指名債権の問題点を克服した電子記録債権の普及により、さらなる売掛債権の流動化が期待されます。

そのため長期間に及ぶ取引を念頭に入れて少しでも信頼できる優良業者選びが重要になるでしょう。