ビジネスローン・事業者ローンとは

ビジネスローン・事業者ローンとは

ビジネスローン・事業者ローンとは、無担保の事業資金を提供するための融資であり、中小企業や零細企業の経営者、個人事業主が主な利用者になっています。

銀行、消費者金融会社、ノンバンクなどがビジネスローンを提供していて担保が不要であるため、スピーディな審査が特徴になっており、さまざまな用途に利用することができます。消費者金融会社やノンバンクから借り入れを行う場合であっても、事業資金であるため、個人のカードローンやキャッシングの際に適用される総量規制の対象外になっています。

メリット・デメリット

ビジネスローン・事業者ローンのメリット・デメリット
ビジネスローン・事業者ローンのメリットはいくつかあり、最近は、短期ローン、つなぎ融資として即日融資に対応している業者などはスマートフォンなどから申し込みを行うことができるところも登場しています。来店不要で融資を受けられる業者もあるので以前のように店舗に行って、さまざまな書類を作成するといった手間を省くことが可能になっています。

個人のカードローンなどで一般的になっている複数のローンをまとめる融資として、利用可能なビジネスローンもあるため、たくさんの金融機関から借り入れを行っている法人などの場合、窓口を一本化するという観点からも便利になっています。

担保不要で借入可能なことが最大のメリットであるビジネスローンですが、いくつかのデメリットも存在しています。まず、金利が高めに設定される傾向にあります。低い場合でも、7パーセント程度の金利が設定され、高い場合は、利息制限法の上限である10パーセント台後半の利率が適用されることも珍しくありません。

メリット

  • 手続きが簡単
  • 来店不要
  • 即日資金調達可能
  • 資金の使い道が自由
  • 総量規制が適用外

デメリット

  • 金利が高い
  • 融資上限額=利用可能額ではない

低めの金利でビジネスローンを借りたい場合は、消費者金融会社やノンバンクよりも銀行で申し込みを行うことがおすすめです。銀行は預金者からお金を集められるため、市場から直接資金調達をしなければならない消費者金融会社やノンバンクよりも低めの利率を提示する傾向にあります。

ただし、銀行は審査が長くなる傾向にありますので、急いでいる場合は消費者金融会社やノンバンクに行くこともよいでしょう。

まとめ


ビジネスローンは融資としての資金調達方法としては簡単に利用できますが金利が高いといえます。
こうした特徴を抑えた上で利用するならあくまでも短期間のつなぎ資金として時間的に急を要する場合に利用することが賢い付き合い方ではないでしょうか。

あくまでも一時的な目的に限定して借りる目的を明確にして置くことが重要です。
もし借りることが目的になってしまいますと返済に追われいつのまにか自転車操業のような状態に落ち入れかねません。しっかりと返済の計画を立てて資金調達の目的をはっきりさせることを忘れてはなりません。

ビジネスローンのおすすめの選び方とは