中小企業が事業資金を銀行から借りようとしても、いつ倒産するかわからないということで貸し渋りが起きることはよくある話です。景気が良ければ、多少は審査が緩くなることがありますが、景気が悪くなればただでさえ厳しい審査が更に厳しくなります。

資金を調達する事ができなければ、事業を継続していくことも、新しいことにチャレンジする事もできずに、行き詰まるになってしまいます。そのような状況にある中小企業を助けるために信用保証協会があるのです。

信用保証協会とは

信用保証協会とは何かというと、その概要は中小企業がスムーズに資金調達が出来るように借り入れの際に保証人になってくれる機関です。信用や担保がないけれども、将来性のある中小企業のために力を貸してくれるもので、万が一返済ができないときには信用保証協会が残債を代位弁済をしてくれます。

銀行に返済できないから信用保証会社への返済も免除されるということはほとんどなく、少しずつでも返済していくという形になりますが利息はつかず遅延損害金がつく形になります。なお、堅実に返済をしていくと、交渉次第で遅延損害金については免除されることもあります。

信用保証協会で融資を受ける方法

信用保証協会を利用するためには、まず金融機関に融資を申し込んで、その金融機関経由で信用保証協会に保証を申し込むか、あるいは直接信用保証協会に申し込んで、登記謄本や事業計画書などの必要書類を提出して審査を受けます。提出しなければ行けない書類が多いので、金融機関にも書類の作成を手伝ってもらう場合もあります。書類に書かれていないこともありますから、企業訪問や面接をして、更に詳しく審査され保証をするかどうかが決まります。

保証するに値するとなれば、金融機関に対して信用保証書が発行されて、それを金融機関が受け取ったら審査が行われます。融資時には信用保証料の支払いをして後は通常の融資と同様に返済をしていきます。

審査に通るためのコツとしては、何に資金が必要なのかを明確にすること、万が一その資金を投入した事業がうまく行かなかった時にどうするのかと行ことまで考えているか、経営者の人間性を磨くということを心がけましょう。

全国信用保証協会連合会