銀行の融資に頼りすぎることなく資金調達ができ、また営業活動で起きる悩みに対するリスクヘッジとしてファクタリングが注目されています。

売掛金を現金化して早期回収するファクタリングは信用できるサイトを選ぶ必要がありますが、数が多くてどこを選べば良いのか迷う方もいらっしゃるでしょう。

WINGLE

実績や満足度が高いファクタリングの1つに「WINGLE」というサイトがあります。

WINGLEがどんなファクタリングサイトなのか、また本当に信用できる会社なのか特徴をご紹介しましょう。

WINGLEの特徴について

WINGLEは東京・新宿に本社を構えています。

支店はなく本社のみですが、契約や審査、入金までオンラインで対応しているので、東京以外でも安心して利用することが可能です。

メガバンクのファクタリングサービスよりも小規模なものの、自社調査の顧客満足度は95%となっており、信頼度の高さに期待できるでしょう。

では、WINGLEの特徴を見ていきます。

様々な債権に対応

ファクタリングというと売上債権に対する保証のイメージがありますが、WINGLEではそれ以外の債権にも対応しています。

例としては診療報酬、介護報酬、家賃収入などに対応しており、幅広いニーズに対応してくれるところが魅力的でしょう。

中小企業や個人事業主も利用しやすいファクタリングサイトと言えます。

スピード審査で実績がなくても利用しやすい

WINGLEは審査が早いことで定評があります。

大手ファクタリングサイトは審査が厳しく中小零細企業は利用しにくいデメリットがありますが、WINGLEは審査が厳しすぎないので取引実績や収支に問わず通りやすいようです。

初めてファクタリングを利用される時に安心でしょう。

24時間365日相談対応

電話とメールの両方で相談や問い合わせに対応しています。

メールなら24時間365日受付に対応しているので、電話の受付時間を気にすることなく相談や問い合わせが可能です。

ファクタリングサービスの特徴について

公式サイトでは手数料や利用可能額に関する詳しい情報はなく、電話やメールで問い合わせることで無料見積りが可能です。

電話ではヒアリングで無料査定を行ってくれるので、見積りを早く知りたい場合は電話で問い合わせてみましょう。

では、サービス面では他にどんな特徴があるかご紹介します。

取引形態は2社間

ファクタリングでは貴社とファクタリング会社で契約を交わす2社間と、貴社と取引先の両方がファクタリング会社と契約する3社間があります。

2社間の場合、ファクタリング会社から債権の保証を受け、貴社が取引先から売掛金等を払ってもらったら、そのお金と手数料とファクタリング会社に納める契約です。

一方、3社間は取引先の同意と契約を得た上で債権が保証され、ファクタリング会社は取引先に支払いを求める契約となります。

3社間の場合は取引先に債権譲渡を知られることになるので、今後の取引に影響が出る可能性があるでしょう。

2社間なら取引先が契約に関与しないので、ファクタリングがばれにくいので安心です。

入金が最短即日

WINGLEは審査から契約までだけではなく、入金も早いと評判です。

最短即日入金なので、すぐに資金化したい場合にも最適でしょう。

銀行によって入金スピードに違いがありますが、翌日には入金していることがほとんどなので安心です。

財政状況などに悩みや問題がある人も安心

WINGLEの特徴でもご紹介しましたが、WINGLEは大手ファクタリング会社に比べて審査は緩めです。

なので、財政状況が悪く融資を断られたり、担保や当座預金、手形などを持っていなかったり、ベンチャー企業や中小企業などでも審査が通りやすいでしょう。

賃貸オーナーも安心

賃貸経営は家賃を収入として得ることができますが、入居者が安全かつ快適に暮らし続けるためには建物の維持も欠かせず、管理費も家賃から出ています。

また、賃貸物件を購入したばかりだとローンを返済しているケースもほとんどです。

なので、家賃の未払い・滞納は賃貸経営に悪影響を及ぼすので、回避したいリスクです。

WINGLEは売上債権以外の債権も保証しており、家賃収入も保証対象なので賃貸オーナーにとっても大きなメリットのあるサービスです。

商取引と同じく2社間なので入居者に債権譲渡を知られることはなく、不信感や不安感を与えることもありません。

WINGLEの利用で注意することは?

幅広い債権に対応しており、小規模でもファクタリングを利用しやすいWINGLEですが、利用するにあたり注意点もあります。

詳しい手数料に関してサイトで記載がありませんが、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも手数料が高めに設定されていることがほとんどです。

3社間に比べて債権回収リスクが高いため、そのリスクを減らすために手数料を多めに取っています。

なので、WINGLEも3社間ファクタリングよりも手数料は高くなると考えられ、一般的な相場で考えると10%から20%程と見込んでおきましょう。

まとめ

WINGLEはファクタリングサイトの中でもスピード対応に強みを持つので、早めに資金化して資金繰りを良くしたい場合に最適です。

企業から個人事業主、財政状況に関わらずサービスを受けられるので、初めてファクタリングを利用する方にもおすすめです。

デメリットとして手数料がありますが、2社間ファクタリングを希望される方は検討してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングサイトWINGLE