ファクタリングSTS
資金を売却し資金調達をする方法の一つにファクタリングが挙げられますが、この方法は融資に関係なく回収前の段階で売上債権を資金化させることができる調達方法です。

そのため、豊富な経験と実績があるファクタリング会社が求められるのですが、「STS」はその条件をクリアするファクタリングサイトと言えます。

今回は、STSがどのようなメリットを持つサイトなのか、詳しくご紹介していきましょう。

STSが選ばれる5つの特徴

ファクタリングは、資金調達をスピーディに効率よく資金化することが求めらています。

支払いサイト前に現金化できるため、事業拡大や急な資金繰りなどに最適な手段です。

STSが持つ5つの特徴をご紹介します。

  • 手続きが簡単だから誰でもできる
  • 素早い入金でスピード解決
  • 手数料は最安水準
  • 秘密厳守だから安心
  • 初めての人でも気軽に利用できる

手続きが簡単だから誰でもできる

融資と違って必要書類が少ないため、審査に時間や手間がかかりません。

契約時の面談は、担当者が貴社に訪問するので、移動費や時間の負担を軽減することができます。

素早い入金でスピード解決

事前に必要書類を提出しておけば、即日現金化が可能です。
申込みから最短で翌日に支払うこともできます。

手数料は最安水準

STSは高価買取と手数料の安さ(3%~)によってリピーターが非常に多いです。
経営が安定するまで繰り返し利用することもできます。

秘密厳守だから安心

2社間取引によって、取引先に売掛金の通知をすることなくサービスを利用できます。
秘密厳守に努めているので、経営状況を従来通り保つことができます。

初めての人でも気軽に利用できる

初めての人でも安心して利用してもらうため、丁寧な説明と対応に徹しています。
不明な点や心配なことがあればいつでも相談できるので、安心して取引を進めることができます。

STSのファクタリングサイトを利用できる業種

ファクタリングは業種によって利用が難しい会社もありますが、STSは請求書が発行されている売掛金があれば、どんな業種でも利用することができます。

建設業

建設業は、ファクタリングの相性が最も良いと言われている業種です。
案件の規模が大きく、天候によって施工内容や工期が左右されるので、作業の進行に遅れが生じてしまうことがあります。
案件に関わる企業の資金繰りが悪化するケースも多く、資金調達によって風評被害を回避することもできます。

運送業

運送業界では、原価の中で人件費を占める割合が高く、車両の維持費や燃料費の高騰、所有車両が事故に遭い修理が必要になればメンテナンス費用も必要になります。
これを踏まえて、従来のシステムよりもファクタリングを利用する運送業が増えてきています。

アパレル業

アパレル業は在庫を抱えなければならないので、仕入れてから資金が入るまでの時間が非常に長くなります。
通年の経営状態が健全であっても、運転資金やセール時期などには資金繰りに苦労する場面も出てくることでしょう。
気候の変化によって、売上や業績が伸びないということもあるので、アパレル業もファクタリングの利用を有効にできる業種と言えます。

IT業界

IT業界はマンパワーによる部分が大きく、納品が大幅に遅れてしまう場面が多いです。
それに伴い入金時期がずれてしまうこともあるので、資金繰りの悪化が発生することが予想されます。

この他、STSは製造業や広告代理店業、医療関連業などといった様々な業界に対してもファクタリングを利用することが可能です。
業種の縛りを特に設けていないのは、ファクタリングを利用する際の大きなメリットになるでしょう。

STSによる資金調達までの流れ

  1. 相談・申込み
  2. 審査
  3. 最終確認・面談・契約
  4. ファクタリングの実行

相談・申込み

相談や申込みは電話やファックスでも問い合わせることができますが、専用フォームでも申込み可能です。
STSのホームページ上にあるフォームに必要事項を入力し送信します。
Web上からの申込は、申込日時や希望条件、希望金額などの情報を伝えやすく、申込み履歴が残るので非常に便利です。

審査

Web申込み後は、折り返し確認の通知や電話が届きます。
審査では会社規模や資本金、ファクタリングの希望金額、資金調達の希望磁器などがヒアリングされます。

最終確認・面談・契約

審査が通過した場合、ファクタリング契約が締結します。
手数料の金額や契約内容をここで提示されるので、確認した上で契約を結んでください。
また、契約時に必要となる書類をここで提出します。

ファクタリングの実行

指定口座に現金が入金されます。
手数料は売掛金から引いて入金されるため、現金で用意する必要はありません。
STSは2社間取引のため、売掛金入金後、ファクタリング会社へ送金する形となります。

債務超過や赤字決済の場合でも大丈夫

STSでは、過去の取引や今現在の取引に遅延がなく、商取引で発生した売掛債権を対象としているファクタリングサイトです。

売掛先が個人経営の場合は対象になりませんが、債務超過や赤字決済の場合でもファクタリングサービスを利用できるので安心してください。

銀行に融資を断られたり、税金の滞納、取引先から急な受注増加に資金が対応できない場合などのピンチ状況に、資金調達専門家によるサポートを受けることができます。

資金調達の遅れは事業の停滞を招いてしまうので、できるだけ早い段階でSTSで見積りを出してもらうと良いでしょう。

STS