日本ファクタリング

未回収の売掛金を買い取るのがファクタリング。売掛債権を現金化することで早期回収できるので資金繰りにお悩みの方が多く利用している方法です。

このファクタリングを行っているサイトはいくつもあります。

その中でも今回は「株式会社日本ファクタリング」についてご紹介します。

日本ファクタリングの概要や特徴

東京都港区六本木にある株式会社日本ファクタリングでは、売掛債権の買取などを行っています。

民間のファクタリング会社となり、中古住宅のリフォームやリノベーション事業や不動産事業を展開する「GIグループ」の傘下になります。

売掛金や受取手形などの買取ファクタリングや根保証などのサービスも行っています。

買取ファクタリングは担保が不要なだけでなく、融資とは異なるため審査も簡易なものとなります。

現在保有している未回収の売掛債権や手形債権を売却して、すぐに現金化することができるため、資金調達方法の中でも最も確実なだけでなく、スピーディーな資金繰りも可能です。

日本ファクタリングが企業の保有している売掛債権を買い取ることで、通常よりも早く現金化することができます。

借入れ額を今以上増やしたくない、銀行の融資枠をそのまま残しておきたい、売掛金の入金によって仕事の幅が増える、早期事業資金の調達がしたい、倒産リスクを軽減させたい、事業拡大資金にしたいといった悩みを抱えている企業は、ファクタリングをすることで、資金繰りの改善や確実な資金調達が可能になります。

また日本ファクタリングではお客様と売掛先企業、日本ファクタリングの3社間ファクタリングが基本となっていますが、債権の現金化を相手に知らせない2社間ファクタリングも行っています。
個別の契約条件に合わせた取引を行ってくれるので、細かな対応ができるファクタリング会社になるでしょう。

ファクタリングサービスの利用でできること

日本ファクタリングのファクタリングサービスの利用で、どのようなことができるのでしょうか?

  • 売掛債権の現金化ができる
  • 売掛企業が倒産しても支払義務がない
  • 継続的な利用ができる
  • 保証人や担保はいらない
  • 2社間ファクタリングもできる
  • 根保証もできる
  • 手数料が安い
  • 債権買取上限額が広い

売掛債権の現金化ができる

日本ファクタリングが保有している売掛債権を買い取ることで、通常の支払期日よりも前に現金化することができるので、さらなる事業を促進させることができます。

売掛企業が倒産しても支払義務がない

もしも債権買取後に売掛企業先が倒産してしまい、売掛債権の回収が困難になった場合でも、回収不能金額の負担や受領した買取金額を返還するように求めることもないので、リスク低減にもなります。

継続的な利用ができる

継続的に売掛債権が発生した場合でも、取引限度額によって簡易審査を行い、繰り返し利用することもできます。
またファクタリングは債権の買い取りになるため、繰り返し利用しても銀行での融資や借入時のような審査がないだけでなく、バランスシート上で負債になることもありません。

保証人や担保はいらない

融資や借り入れとは異なり、売掛債権の買取になるため、担保や保証人を用意する必要はありません。

2社間ファクタリングもできる

取引条件によっては、債権の資金化を取引先に知られない2社間ファクタリングをすることもできます。
2社間ファクタリングは、取引先と売買契約を買わすことで売掛債権が発生し、それを日本ファクタリングに依頼することで債権内容や売掛金の調査を行った結果から、売掛債権の売買金額が確定します。
ここで2社間の場合は、日本ファクタリングから買取金額を入金してもらい、取引先から売掛金の支払いがあったら早急に日本ファクタリングに決済を行いますが、3社間ファクタリングの場合は、取引先に債権の譲渡を通知してからの決済になるため違った方法となります。

根保証もできる

根保証とは、保証限度額の範囲内で債務の保証を行うサービスのことをいい、通常の場合は1件に対して保証契約をしなければならないのですが、根保証の場合は1回の契約だけで将来発生する債務をカバーしてくれます。
これも契約によって変わってきますが、利用することでさらに利便性が高くなります。

手数料が安い

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、基本的に3社間ファクタリングの方が手数料が安くなっています。
日本ファクタリングの場合は、基本的に3社間ファクタリングとなるため、手数料が概ね1~5%とリーズナブルになっています。

債権買取上限額が広い

日本ファクタリングの債権買取額は、50万円~最高1億円までとなっていて、これは1社に対しての金額となるため、ファクタリングを継続的に行う場合でも、上限に達していなければ何度でも利用することができます。
また、50万円以下のケースでも対応することができるので、幅広いファクタリングを行うことができるでしょう。

まとめ

日本ファクタリングについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
企業が保有したままでなかなか現金化できない売掛債権は、ファクタリングを利用することで資金の早期調達が可能となります。
銀行融資と比較しても手数料が安くなるだけでなく、時間をかけることなくスピーディーに行うことができます。
GIグループの傘下であるため、信頼できるファクタリング会社だと言えるでしょう。