ファクタリングプロセス
債権を売却して資金調達を行っている方法の1つに、ファクタリングがあります。

ファクタリングは融資、出資に関係なく回収する前の段階の売上債権を資金化する調達方法です。

今回は、そんな売掛金の現金化ができるファクタリングサイト「プロセス」についてご紹介します。

プロセスのファクタリングの特徴

ファクタリングサイト「プロセス」では、資金調達で困っている企業に対応しています。

北海道から九州まで、全国の企業に幅広く対応しているのもプロセスの特徴で、売掛け金を即日資金化できます。

各都道府県近郊に営業所を配置しているため、出張費なども不要で、安心してスピーディーな対応を受けることができるのです。

各都道府県に関係なく、全国どこでも最短30分程で現金を用意してもらえることができるのは企業にとっても安心につながるでしょう。

プロセスにおけるファクタリング契約は、健全な事業を営んでいる売掛債権を持つ法人や個人事業主が対象となっているほか、たとえ企業に債務超過や赤字決済などがある場合でも申し込みすることができるのも特徴です。

また、債券買取金額としては、買取金額売掛先1社に対して、30万~1億円までとなっており、買取対象債権費用はそのうち3%から即日買取500万円までとなっています。

プロセスでファクタリング契約を行うことで、直接お店に行くことなく、すぐに即日振込してもらえるのは大きなポイントではないでしょうか?

プロセスにおけるファクタリングの種類

プロセスでは、2社間契約と3社間契約、医療・介護ファクタリングという種類の中から選択することができます。

【2社間契約】

2社間契約の場合、依頼する企業は、売掛先となる企業に通知することなく利用することができます。

流れとしては、売掛金の発行を行い、プロセスに請求金額の先払いを依頼します。

その後、売掛金の入金がされたらプロセスに支払うという流れです。

【3社間契約】

3社間契約では、申し込みする企業はまず売掛先に様々な商品やサービスを提供することで、売掛金発生後にプロセスとファクタリング契約をすることになります。

売掛先の企業と債権譲渡通知または承諾があれば、プロセスと売掛先が債権譲渡承諾の有無のやり取りを行うのです。

その後、プロセスが申し込み企業に買取金額の支払いを行い、売掛先は期日通りの売掛金の支払いをすることになっています。

3社間でしっかり取引を行うので、比較的スムーズに進めていくことができるでしょう。

【医療・介護ファクタリング】

プロセスでは、医療・介護ファクタリングも行っています。

主な流れとしては、まず医療法人・介護事業者が保健支払機関である社保・国保などに診療または介護報酬請求を行います。

医療法人・介護事業社がその後ファクタリング契約を結び、取引を進めていくことで早期的な資金調達を行うことができるのです。

保健支払機関より診療または介護報酬支払を受けてから、残金がある場合は、プロセスより支払いされるケースもあります。

プロセスでファクタリング契約するメリット

プロセスが提案しているファクタリングは「借りない資金調達」として、融資ではなく売掛金の売買扱いで金融機関の信用情報に記載されません。

そのため、償還請求権のない売買になるため売掛先が倒産した場合でも、破綻するリスクの影響を受けずに済みます。

プロセスでの売掛金は早期資金化できるだけでなく、請求書発行済みの売掛金であれば枠内で何度も利用することができます。

また、2社間契約の場合は、請求済の売掛金の売買をプロセス対象企業との2社間のみで取引するため、売掛先に知られてしまうというリスクもありません。

実際に、このような特徴やメリットからプロセスを選ぶ企業は非常に多く、業界において最低水準である手数料の安さも人気の理由となっています。

プロセスでは、電話やネットから無料診断も行っています。

ネットであれば24時間365日対応可能で、気軽に見積もりをしてもらうことができるのも魅力ではないでしょうか?

資金調達のプロが通帳と請求書で売掛金を買取可能か見極めてくれるので、安心して任せることができるでしょう。

他のファクタリング会社から切り替える企業も

プロセスに申し込みする企業の中には、他のファクタリング会社から切り替えを目的にしている企業も少なくありません。

他社のファクタリングを利用する場合、手数料がネックになっているケースがあります。

手数料が高いと、仕事を受けても収支がマイナスになる状態が続くという悪循環に陥ってしまうことがあるのです。

プロセスの手数料は、前述した通りファクタリング業界の中でも最低水準となっており、3%からとなっています。

手数料が安く対応も丁寧でスピーディーという理由から、他社から切り替えたという声も多いのです。

企業にとって、赤字経営や資金操りを解消する方法を模索することは決して簡単ではありません。

ファクタリングは、そのような企業にこそ役立て、上手に利用できるメリットがあるのです。

今回はプロセスのファクタリングについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

資金調達方法に悩んでいる企業は、プロセスを1つの候補に加えてみてはいかがでしょうか。