ビジネクスト
資金繰り改善のために利用されるファクタリングは、様々な会社がそのサービスを行っています。

その中でもビジネクストはどのようなファクタリング会社なのでしょうか、確認してみましょう。

ビジネクストの会社基本情報

ビジネクスト株式会社は、事業者金融業を行う従業員数120名の比較的大きめの会社です。

大手消費者金融の会社、アイフルのグループ会社であり、ファクタリングではない本業である貸金業で関東財務局からしっかりとした許認可を得ています。

また資本金も1億円あることからかなり安心感のある会社と言えるでしょう。

連絡先も記載されているので、仮に何かがあったとしても連絡ができるというのも安心感があります。

ファクタリング会社を名乗る悪徳業者が多い中、信頼度の高い会社なのでファクタリングを初めて利用されるという方にも安全にファクタリングが行えるでしょう。

ビジネクストのファクタリング

ビジネクストのファクタリングは、基本3社間ですが2社間のように通知を相手に送らない方法も取ることができます。

2社間で気になるのは相手方へ債権譲渡の許諾や譲渡通知がいかないかどうかという点ですが、ビジネクストでは請求書や入金口座の名義は契約者側の名義で行うことが可能です。

3社間ファクタリングを利用すると懸念材料になるのが、ファクタリングを利用することで資金繰りが厳しく、経営状況が悪いのではないかという疑いを売掛先が抱いてしまう可能性があることでしょう。

2社間ファクタリングに近いサービスが行えるのであれば、そういったリスクをとることなくキャッシュフローを良くすることができ、安心して利用することができます。

ただ、通知を相手に送らないとしても債権譲渡登記は行われるため、調べられた場合は分かってしまうこともあります。

大手グループの企業だから手数料が安くできる

2社間ファクタリングの会社の中には、手数料が20%という非常に高額な会社もあります。

通常の会社でも、5%や7%など、消費税に届くくらいの手数料設定になっていることもあるようです。

個人事業主が少し利用するだけならまだ良いかもしれませんが、企業レベルになり債権も高額になってくるとこの手数料は厳しいものとなるでしょう。

ビジネクストの申込金額が最大1億円なのは優良会社の中では平均的かもしれませんが、1億円の5%となるとやはり手数料がかなり高額に膨らんでしまいます。

しかし、ビジネクストでは手数料が月率2%と非常に安く利用することができます。

5%と2%では、仮に1000万円をファクタリングで資金繰りしたとして、5%の手数料は50万円、2%では20万円と、30万円もの差がついてしまいます。

個人事業でも企業単位でも、やはり手数料は低価格である方が良いので、ビジネクストの手数料の低さは魅力的なメリットだと言えるでしょう。

ビジネクストのデメリット

ビジネクストでのファクタリングを行う場合、他のファクタリング会社と比べて気になるのは時間が他よりかかることもあるということです。

会社によっては即日でファクタリングの資金を用意することもできますが、ビジネクストではおおよそ1週間~2週間程度かかります。

ウェブでの申し込みから最短3日で契約を行え、平均して1週間程度入金までかかり、場合によっては全ての工程を終えるまでに2週間かかってしまうケースもあるのです。

ですから即日入金などを考えている方には向かないと言えるでしょう。

柔軟対応が可能ということなので、あらかじめ連絡をしておけば多少早めに行ってくれるケースもあるかもしれませんが、余裕を持って申し込むようにしましょう。

また、提携会社と連携して業務を行っている関係上、やはり即日対応のようなスピード感や、2%より下の値下げなどは難しいです。

前払い手数料が1.2%、残りの0.8%が事務手数料となります。

他にも司法書士に関わる費用や収納代行者への手数料は別払いなので、ある程度は気をつけておくか、事前に相談するなどしてどの程度の手数料がかかるのか必ず確認しておきましょう。

ビジネクストの一番の売りは安心感と手数料の安さ

ビジネクストのファクタリングは、初心者でも安心して使えるほど安心感がありますし、手数料も他会社から比べれば非常に安いといえます。

ファクタリングは新しいキャッシュフローの改善方法なのでまだ法律整備が整っておらず、悪徳業者がファクタリング会社を名乗っているケースもあり、90%の手数料を支払わせようとするようなこともあるのです。

そんな中、ビジネクストは大手グループに所属する企業ですし、連絡先や住所の記載、資本金や従業員数も明記された会社なので、安心感があります。

そして、確かに早さでは劣ってしまう部分がありますが、2%というかなりの低価格手数料が実現していることは良い点と言えるでしょう。

ファクタリングを初めて利用するのであれば、ビジネクストも視野に入れて考えてみてください。

ビジネクスト