みずほファクター
資金調達の方法に悩む企業は少なくないでしょう。

ファクタリングは、企業が保有している売掛金をファクタリング会社へ売却し、資金を早期に調達ことを言います。

そのため、赤字経営や資金操りに苦しむ企業にとっては運転資金を早期に調達することで企業利益を効率良く確保することができるのです。

ファクタリングは様々な会社がありますが、その中でも今回はみずほファクターについてご紹介しましょう。

みずほファクターの特徴

みずほファクターはみずほフィナンシャルグループの総合金融サービスのさらなる充実や強化を目的に設立された会社です。

そんなみずほファクターが提供しているファクタリングサービスは、国内の企業だけでなく、海外取引の国際ファクタリングにも対応しています。

国内ファクタリング

国内ファクタリングは、日本国内の全国の企業が対象で、売上債権の回収リスクを軽減したいと考えているクラインアントに多く選ばれています。

ファクタリングの種類は2社間ファクタリング、3社間ファクタリング、保証ファクタリングなどの様々なものがあります。

そのうちみずほファクターでは、3社間ファクタリングサービスを主に提供しているのが特徴です。

また、国内ファクタリングでも回収保証だけでなく、クライアントの財務戦略サポートのための債権流動化などもあります。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは、日本国内の企業が海外へ商品を輸出する際に代金の回収をより確実なものとするために利用するサービスとなります。

基本的には、輸入企業から依頼を受けることで発行する信用状を利用することで、売掛金の回収を確実なものにしている企業が多いです。

しかし、取引国によっては複雑な手続きが必要となり契約を交わすことができないケースもあります。

そんなときに、国際ファクタリングサービスを利用することで輸出代金の負債などに保証を受けることができるのです。

みずほファクターでは輸出ファクタリングと呼び、バイヤー一件ごとに海外の提携ファクターと連携しています。

対象となる国は、米州や欧州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカなど多岐に渡ります。

みずほファクターは、ファクタリングのほかにも電子債権決済や代金回収など、サービス領域も幅広いため、大口のファクタリングを得意としているだけでなく、下請債権においても1社から最低利用金額制限なしで利用することもできます。

みずほファクターのファクタリングサービス

みずほファクターが行っているファクタリングサービスは3社間ファクタリングというものです。

納入企業とファクタリング会社の2社間の取引に加え、クライアントが加わった取引体系となっています。

3社間で合意を結び、代金を直接ファクタリング会社に支払いするよう変更する流れとなり、ファクタリング会社は未回収となるリスクを最小化することができます。

3社間によるファクタリングの場合、2社間ファクタリングよりも債権未回収によるリスクを軽減できるため、手数料も安い会社が多いのが特徴となっています。

みずほファクターの手数料については、利用プランや決済金額、審査状況によって異なるため、その都度問い合わせが必要となっています。

しかし、全体的に見ても手数料が安いと言われており、安心して申し込みすることができるでしょう。

また、みずほファクターはファクタリング会社の中でも大手系列であるため、ネット通販をはじめとする個人を相手にした保証などにも幅広く対応しているのが特徴です。

みずほファクターの信頼性はトップレベル

前述している通り、みずほファクターはみずほ銀行系列のファクタリング専門会社です。

メガバンクでもあるみずほ銀行の100%出資というだけあって、みずほブランドを全面に出している子会社として非常に信頼度が高いことが特徴と言えます。

ファクタリングにおいてもサービス領域が幅広いため、より多くの企業に最適なサービスの提案や提供ができます。

大手なので取引先からも信頼されやすく、3社間ファクタリングの際にも交渉しやすいメリットもあるでしょう。

ファクタリングの審査基準は?

みずほファクターの審査基準は、小規模ファクタリング業者よりも厳しいという声も耳にします。

実際、みずほファクターの審査では納入企業とクライアント双方が審査を通過する必要があります。

通常は、個別保証については5社以上、1社につき200万円以上が利用条件にもなっているため、元請会社が絡んでいない営業業態の場合はハードルが高くなっています。

ただ、債権は回収保証もしっかりとしており、不良債権が発生した場合には気軽に相談できると言う安心感も得られるでしょう。

中小企業向けではないが国内最高水準の信頼性

ファクタリング会社でも大手のみずほファクターについて紹介してきましたがいかがでしたか?
企業が保有している売掛金をファクタリング会社へ売却し、資金を早期に調達するファクタリングは、売掛債権を入金期日前に資金化することができるため、会社の資金操りを円滑に進めることができます。

ファクタリングは銀行融資と比較しても資金化までの時間が早く、手数料が安い所も多いです。

手数料は収益を圧迫する可能性もあるため、できるだけ安いファクタリング会社を選ぶことが大切です。

みずほファクターは、そういった点でも非常に信頼度が高いファクタリング会社と言えるでしょう。