資金繰りが苦しいときこそ学んでおきたい!ビジネスローン

無担保のビジネスローン
事業やビジネスを行っていると、資金が急に必要になることがあります。そんな時、頼りになるのが無担保で借りることができるビジネスローンです。担保を提供することができる経営者や個人事業主であれば、銀行などから比較的容易に融資を受けることができますが、資金繰りが苦しい場合、そのような担保はないことが大半です。

担保なしで融資を受けることができるため、ビジネスローンを利用することで不動産や土地を処分される心配がありません。また、担保がないことから、審査が比較的早くすむという特徴があります。担保付きローンの場合、1カ月程度審査に時間がかかるケースがありますが、無担保のビジネスローンの場合、1週間程度で結論が出ることが多くなっています。

一方で、無担保であるがためのデメリットが存在しています。個人が借りるカードローンやキャッシングと同様に、担保がない分だけ適用される金利が高くなる傾向にあります。融資をする金融機関からすると、貸し倒れが発生した場合に、相殺する担保がない分、金利を高く設定することになります。

また、有担保のローンと比較して、無担保のビジネスローンは期間が短くなりがちです。不動産などを担保入れるローンであれば、長期の借り入れが可能になります。

さらに、無担保ビジネスローンの融資限度額は、担保があるローンに比べて低くなる傾向にあります。そのため、まとまった金額の融資がいる場合は、複数の金融機関に依頼する必要が出てくるため、手間がかかるというデメリットがあります。

無担保のビジネスローンを取り扱っているのは、銀行と消費者金融会社が中心になっています。消費者金融会社は、銀行と違って預金を顧客から集めていないため、金利が高めになっています。銀行のビジネスローンは、金利が低めですが、審査が消費者金融よりも厳しくなりがちで、時間もかかる傾向にあります。

すぐに融資を受けたい場合は、消費者金融会社に申し込みをして、時間がかかっても低金利の融資を受けたい場合は銀行に申し込むという使い分けをすることも一つの方法です。

ビジネスローンの特徴とは

ビジネスローンの特徴
ビジネスローンとは、個人事業主や小規模企業の経営者が資金調達手段として利用できるローンです。ビジネスローンを提供している金融機関には銀行や消費者金融があります。消費者金融からお金を借りるときは総量規制の対象となりますが、ビジネスローンの場合は例外として年収の3分の1以上の借り入れをすることもできます。経費を計上して節税対策をしている事業主の場合は、年収が低くなってしまって通常のカードローンではまとまった資金を借りることができない場合もあります。そのようなときビジネスローンを選択することによって、消費者金融からもまとまったお金を借りることができるようになるのです。

ビジネスローンでは事業性資金への利用が認められていますが、生活決済として利用しても問題ありません。このローンの大きなメリットは、利息負担も経費に計上することができるようになる点です。通常のカードローンは事業性資金への利用は認められていませんので、利息を経費にすることはできません。まとまった金額で借りている人ほど利息は多くなりますが、経費にすることによってかかってくる税金を抑えることができるのです。節税をすることで所得税や住民税が減るだけでなく、個人事業税、法人にしている人は法人税、健康保険料なども少なくすることができるでしょう。

ビジネスローンを契約するためには事業を行っていることを証明しなくてはなりません。金融機関によって必要となる書類は多少ことなりますが、事業計画書、事業を証明するための取引先からの書類などが必要になります。事業主の場合は社員のように仕事をしているからと言って毎月決まった日にお金が入ってくるわけではありません。こうしたローンを利用することによってキャッシュフローが改善し、ビジネスチャンスを逃すことなく事業を継続することができるようになります。事業を続けるためには資金が円滑であることもとても重要なのです。

ビジネスローンで審査が通りやすくなるポイント

審査のポイント
一般の利用者が契約するカードローンとは違い、企業(法人)や個人事業主などが、【主に事業資金を目的に借りるお金】をビジネスローンと言います。通常のカードローンとの違いは、融資基準や審査の流れなどもありますが、何よりも重要な違いは「限度額の違い」です。

たとえば、通常のカードローンならばおおむね金利18%、限度額100万円以下という契約になります。これは、消費者金融系カードローンを利用する場合の平均的な内容ですが、ビジネスローン専用の銀行系カードローンを利用する場合は金利が10~15%程度、限度額は100万円超の契約になる可能性が高い点がポイントです。

しかし、銀行系カードローンは審査基準が比較的高く、契約を目指すうえでいくつものハードルをクリアする必要があります。といっても、通常の融資(目的ローン)とは違って融資スピードははやいことも多く、必要なときすぐに現金を借りる方法としては有効な選択肢です。

ビジネスローンの審査を突破するためのポイントは、「事業内容の証明と業績のアピール」です。たとえば、小売業を営んでいる人が契約を申し込んだ場合、「どのような事業を営んでいるのか」「業績はどうか」と言ったことを証明するための書類を提出します。具体的なものを指しますと決算書などがこれに当たります。決算書はその会社の成績表になりますので審査において非常に重要なファクターとなります。

会社勤めの人が、給料を少し誤魔化して申請することは難しくありませんが、ビジネスローンを利用する人の場合はそういったことはほぼできないと考えた方が賢明です。もっとも、事実と違った申告をした場合には「虚偽申請」として契約を断られてしまう可能性が高いだけでなく、場合によっては「詐欺罪」に問われてしまう可能性すらあるので注意しましょう。決算報告書を偽装することを粉飾決済といい大手企業などが行いニュースでも耳にしたことがあるかと思います。

しっかりとした事業内容をアピールし、将来的に返済の可能性が高いことを理解してもらうことができれば、仮に現状が悪くとも融資を受けられる可能性があります。幸い、通常のカードローンとは違って総合的な判断で融資を決定してくれる業者が多いため、しっかりと時間をかけて進めることが大切です。

ビジネスローンが通りやすい決算書とは

審査の通りやすい決算書とは

ビジネスローンや事業者ローンは、無担保であるため、法人の決算書を提出する必要があります。銀行や消費者金融会社、ノンバンクなどの事業者ローンを提供しているほとんどの金融機関では、スコアリングシステムに基づいて審査を行うことになるため、決算書によって、事業者ローンを受けやすい法人と受けにくい法人が出てきます。

ただし、スコアリングシステムを導入していない中小、零細の消費者金融会社の場合、昔同様に、人間が審査する仕組みを用いているところもあります。売上規模が小さかったり、自己資本比率が悪い企業の場合、中小の金融機関で事業者ローンを申し込む方が、融資を受けられる可能性は高くなります。
※決算書はその企業の成績表です。中小、零細の消費者金融会社で提出しなくて良いわけではありません。

スコアリングシステムを使っている金融機関の場合、ビジネスローンの申し込み内容を担当者がシステムに打ち込むことによって、自動的に審査の可否や融資限度額、融資金利などがはじき出される仕組みになっています。

スコアリングシステムは優れたシステムになっており、過去の融資をした会社データに基づいて、貸し倒れ率を推定することができるようになっています。利益率、売上規模、自己資本比率などのデータは特に重要であり、これらの数値がよくない場合は、審査に通らない可能性が高くなります。

売上規模は、収益を判断する重要な決算数値であり、経常利益を売上高で割ることによって導きだせる売上高経常利益率なども、審査でよく見られます。また、自己資本比率の高さも重要であり、健全経営の指標になっています。

常日頃から、これらの決算数値が良くなるような経営を心掛ける必要があり、それによって、何かあった場合であっても、ビジネスローンを受けやすくなります。