ビジネスローンにおける事業資金融資の流れ
事業資金調達をするにあたり、銀行よりも借りやすいとされているのがノンバンク系です。いわゆるビジネスローンですが、申し込みから融資までの流れはどうなっているのでしょうか?さらに申込から融資まで、どれくらいの期間がかかってしまうのでしょうか?

こちらではビジネスローンを利用した事業資金融資について徹底解説します。

銀行は敷居が高いので、その他の方法で事業資金融資を受けたい、と考えている法人や個人事業主の方は要チェックです。

ビジネスローンの融資の流れ

ビジネスローンをこれから検討している方は具体的な流れを知ることでなにをしなければいけないのかイメージが枠と思います。初めてのかたならぜひ一度チェックしておきましょう。

(仮審査)申込み

ビジネスローンの申し込みに関しては、来店だけではなくネット申し込みも受け付けています。銀行の事業資金融資とは異なり、申込方法の種類は多く確保されているケースが多くなっています。

ネット申し込みに関しては、ビジネスローン側の営業時間も関係ありません。受付については24時間365日対応となっています。

ネット申し込み以外にもFAX申し込みや電話申し込みにも対応しているケースが多くなっています。

申込時には、幾つかの情報を提供します。融資希望金額や希望する借入日、さらには会社情報や個人情報などを提供することになるのです。必須項目と任意項目に分かれていますが、埋められる部分は任意項目であったとしてもなるべく埋めていきましょう。より多くの情報を提供することで審査を有利にすすめることも可能です。ビジネスローン側としても判断材料が多くなるので、申込者に対する信用度が増すからです。

(仮)審査結果の連絡

仮審査が終了したら、その結果が示されることになります。担当者よりまずは連絡があります。会社や事業に対する質問などがされ、その上で総合的に判断されます。

仮とはいえ、ここで審査に落ちてしまった場合には終了となってしまいます。審査落ちの場合はそのビジネスローンを利用できません。
仮審査を突破した場合には、さらに本審査へと進むことになります。

本審査の開始【必要書類の提出】

仮審査を突破すると、本審査が開始されます。本審査を開始するにあたり、必要書類の提出が必要になります。仮審査時にある程度の情報を提供はしていると思いますが、書類はまだのはず。ここで書類の提出が求められるわけです。

【ビジネスローンの審査で必要になってくる書類例】

  • 本人確認書類・・・運転免許証やパスポートなど
  • (法人の方)直近の決算書1期分・・・原本であること。税務署印のあるもの。
  • (個人事業主の方)確定申告書や青色申告決算書1期分・・・原本であること。税務署印があるもの

※ここに掲載されている以外の書類が求められることもあります。

書類の提出方法ですが、「直接店舗に持っていく方法」と「FAXで提出する方法」があります。

必要な書類が全て提出されると、ついに本審査が開始されます。

本審査結果が告げられる

基本的に審査が終わると電話連絡があり審査結果が告げられます。
審査落ちとなると、そのビジネスローンからの資金調達はできない、ということになります。仮に仮審査はOKであったとしても、本審査ではNGとなることもあるのです。

審査OKとの判断をもらった場合には、そのビジネスローンを利用できる、ということになります。基本的に希望した額の借り入れが可能になりますが、場合によっては希望額と実際に借り入れできる金額が異なることもあります。全ては審査結果で示されるはずなので、審査のOK・NGだけではなく借入可能額についてもチェックしておきましょう。

契約と融資の実行

契約に関しては来店して契約を結ぶ場合とネットやFAXを介して契約を結ぶ場合があります。いずれかの方法を選択できるケースもありますが、ビジネスローンによって異なるので申し込み前に確認しておくべきです。

契約を結んだら、いよいよ融資の実行となります。資金調達ができることになりますが、ビジネスローンの場合は契約直後から融資が可能となっていることが多いです。
来店契約した場合はその場での融資も可能ですが、基本的には振込みによる融資が実施されます。

ビジネスローンの申込みから融資までの流れまとめ

  1. 来店やネットなど都合の良い方法でビジネスローンに申し込む
  2. 仮審査が行われる
  3. 電話連絡があり会社や事業のことについて質問される
  4. 仮審査結果が示される
  5. 仮審査OK
  6. 必要書類を提出する
  7. 本審査が開始される
  8. 本審査OK
  9. 契約が実施される
  10. 融資が可能となる

ビジネスローンの申込から融資実行までの期間

早ければ2日から3日、遅くても1週間程度で融資可能

銀行からの事業資金融資よりも圧倒的に早く対応してもらえます。ただし即日融資にはほとんどの業者が対応していません。

銀行融資よりも早い理由として、必要書類の少なさがあります。銀行の事業資金融資の場合は多くの書類を提出しなければならず、膨大なの書類を提出するということは、その書類を銀行側はチェックすることを意味します。当然時間もかかってしまいます。

ビジネスローンに関しては提出書類が数ないので、確認の労力もすくなく済みます。その結果、早めに融資ができる、というわけです。

ビジネスローンが即日融資に対応していない理由として、審査が2段階で行われている、というものがあります。まずは仮審査が行われ、その後に本審査が実施されるわけです。2回審査が行われることになるので、即日融資が難しくなってしまうのです。

即日融資可能なビジネスローンもあるが

プロミスやアコム、そしてアイフルでは即日対応可能となっています。しかしそちらに関しては金利が通常のフリーキャッシングとほとんど変わりません。実質年率が高いので、あまりおすすめ出来ないのが現状なのです。

ビジネスローンの特徴から審査のポイントまで