最近、電子記録型の債権が広まってきていますが、その中でも特に主流になりつつある「でんさい」とは、どのようなものなのでしょうか?

でんさいについて知らない方も多いと思うので、でんさいについて詳しく説明していきます。

でんさいとは?

でんさいとは
電子記録債権とは、今までの指名債権や手形債権などとは違って、電子記録によって発生する新しい金銭債権のことをいい、これを略して「でんさい」と呼びます。

金銭債権は、売掛債権や損害賠償債権など様々なものがありますが、今まで銀行指定の用紙でやりとりされていたものが電子記録債権に変わったことで、電子債権記録機関に取引を知らせるだけで、記録原簿に記録して債権が発生する仕組みになります。

今まで債権譲渡登記があるものの日常的に利用されるものではなく、債権をが発生したことを公的に証明するものがなかったのですが、でんさいによってインターネットを介して登録や譲渡がす

ぐにできるようになったため、手形交付や発行のコストを削減することができ、さらに電子データとなるため手形の保管や管理コスト発生を抑えることもできます。

また紛失や盗難の恐れもなく、部分譲渡もできるため以前のように分割譲渡できないといったデメリットの解消にもつながっているのです。

でんさいに管理者はいるの?

でんさいは電子債権記録機関によって管理されていて、この管理も監督官庁となる法務省や金融庁によって指定された業者のみが管理を行うことができます。

電子債権記録機関には報告義務と、定期的な監査を受けることも義務付けられています。

主な電子債権記録機関には、全国銀行協会提供の株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)、三菱UFJ銀行提供の日本電子債権機構株式会社(JEMCO)、三井住友銀行提供のSMBC電子
債権記録株式会社、みずほ銀行提供のみずほ電子債権記録株式会社などがあります。

全国銀行協会のでんさいは、でんさいネットに参加している地方銀行や都市銀行などでも利用することができますが、他のものは提供銀行のみでの使用だけとなっています。

でんさいの動きや仕組みは?

でんさい
でんさいの場合、今までの債権の流れとどのような違いがあるのでしょうか?

本来であれば、支払企業が納入企業に発注白地点で売掛債権が出ますが、これがでんさいになると参加している企業や銀行が支払企業となり債権発生時に登録をします。

登録された電子債権情報に従って、期日までに自動的に納入企業の銀行口座に送金され、完了後に電子債権の支払完了登録をするのが流れとなります。

また途中ででんさいの売買も可能となり、納入企業が孫請けにでんさいを譲渡して支払うことや、第三者に譲渡して資金調達も可能となります。

そのためでんさいを利用することで、譲渡が簡単にできるだけでなく、銀行口座に連動させることができ、データの送受信も簡単にできます。

登録や管理に関するコストを抑えることもできるので、使い方によっては便利になるでしょう。

でんさいにデメリットはない?

でんさいは支払企業側からすると、手形を発行する必要がなくなるため、コストがかからずに印紙税なども必要なくなり、手形だけに限らず複数の支払いを1つにまとめることで、インターネット上で管理することができるのでメリットが多くなります。

また納入企業側も同じように、手形の管理や紛失コストがなく、でんさいの部分譲渡が可能になることで、資金調達も可能になります。

また、支払期日までに自動で入金されるので、回収にかかるコストの削減や回収率を上げることもできます。

このようなメリットが多くある中でも、やはりデメリットとなってしまうのは、取引先の同意を得なければでんさいにすることや対応していなければ決済方法が2つに別れてしまうため、手間がかかってしまうことです。

これによって支払方法が複雑になってしまったり、システムを理解するまでに時間がかかってしまうこともデメリットになってしまうでしょう。

またでんさいは利用するのに手数料がかかってしまうので、それをデメリットに感じる企業もあるでしょう。

他にも、売掛債権に関してはでんさいに切り替えてもメリットが薄いと感じることもあります。

デメリットは多少ありますが、効率を上げるためにもでんさいを導入する企業が増えています。

今後でんさいがメインの決済に変わる?

まだ大手企業のみしか取り入れていないでんさいも、今後導入が進んでいくと切り替わっていく可能性が高くなっています。

現在は、メリットが大きい手形に関してはでんさいの導入が進んでいますが、売掛債権に関してはメリットが少ないためまだ進んでいるとは言い切れません。

しかし、売掛債権を請求書など何百枚と毎月個別に送ったり、それぞれに振り込んだりする作業はとても効率が良い作業ではありません。

そのため、徐々に切り替わっていく可能性が高く、今後はでんさいでの決済がメインの決済に変わっていくことが予想されます。

電子化は時代の流れによって浸透していく可能性を秘めているので、今のうちにその流れを理解しておきましょう。

でんさいの導入がまだ現実的でない、すこしハードルが高いそうお思いの方は資金調達ガイドから様々な資金調達方法を調べることができますので参考にしてみて下さい。