資金調達でお悩みの経営者の方へ

資金調達は事業をスピーディーかつ円滑に展開していくためには必要不可欠です。どんなに良いアイディや計画でも現金がなければ先へ進みません。経営の現場では常に財源の確保が命題であり事業資金を適切に手配することは経営者のスキルの中でも重要なスキルの1つとなります。

例えば売掛金の入金が翌月ですぐに新たな仕入れができなかったり、新規事業に資金が投入できなかったりして頭を抱えてしまっている方は多いのではないでしょうか。また経費の支払い等で資金繰りに苦労している事業主の方もいらっしゃるかと思います。

そんな時、最適な資金調達の手法や知識があれば経営面での障害を減らすことができ、チャンスをものにすることも危機を乗り越えることも可能となります。

当サイト「資金調達比較ファンレジ」では出資、融資、現金化などあらゆる資金調達方法を比較する資金調達総合サイトです。手続きの簡単なものから金額の大きいものまで資金調達の具体的な手段などをご紹介致しますので実用的な事業資金集めが可能となります。キャッシュフローでお悩みの事業主の方はぜひ参考にしてください。

こんな資金調達法があった!様々な資金調達方法が分かる資金調達ガイドブックもおすすめ!

各機関で融資を断られた方でも86%の方が
3日以内1000万円以上の資金調達ができた
唯一の方法とは?
  • 最短即日でスピーディーな資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 債務超過・税金滞納・赤字経営でも問題なし

事業資金の調達方法をメルマガ登録で無料資料としてご提供致します。どこからも融資が受けれないと悩んでいるなら今すぐ登録!!

上記内容にて送信します。ご確認の上、よろしければチェックを入れて下さい。

資金調達の方法

企業が行う資金調達の方法は大きく分けて2つあり返済を伴うものとそうでないものがあります。

  • debt (負債)
  • equity (株主資本)

会社を設立して年数の浅い場合そうでない企業に比べて資本や手段が少ないため返済を伴う方法も含め適切に経営をしていくことがほとんどです。潤沢な事業資金を用意して自己資金のみで事業規模を大きくできれば理想ですがすべての方が余裕のある資金を用意できるわけではありません。会社の経営状態に合わせた資金調達をすることがとても重要となります。

ここからは様々な資金調達方法をご紹介していきますので最適な手段はどれか参考にしてください。

資金調達で困ったら無料診断

種別
売掛先通知
上記内容にて送信します。ご確認の上、よろしければチェックを入れて下さい。

資金調達法分類比較表 8項目

以下の表は資金調達法を8項目に分けて実際の難易度、スピード、費用を表にまとめたものです。

それぞれ更に具体的な手段に分かれており詳細を記載してありますので申請で時間がかかるもの、費用があまりかからないものなど会社の経営状況に応じて資金調達方法を検討してみて下さい。

資金調達難易度 調達スピード
個人借入 評価3~評価4.5 評価2.5~評価5
他企業出資 評価1~評価2 評価1~評価1.5
個人投資家 評価0.5~評価1.5 評価0.5~評価1.5
融資 評価2.5~評価4 評価2.5~評価5
ベンチャーキャピタル 評価0.5~評価1 評価0.5~評価1
助成金・補助金 評価2~評価2.5 評価0~評価1
売掛金の現金化
(ファクタリング)
評価4~評価5 評価4.5~評価5
資産の売却 評価2~評価3 評価2~評価3

個人借入

  • 友人、知人、親族から個人的にお金を借りる
  • 消費者金融
  • カードローン

個人が金融機関で借りる場合はの審査はあるものの用途を問わないものもあり比較的借りやすいです。調達までのスピードが早いのも大きな特徴です。利息は高いので長期返済になるなら他の方法を検討してダメな時は利用する方がいいでしょう。

友人、知人、親族から個人的にお金を借りる

個人的に知り合いや身内からお金を借りる方法は資金調達としてすぐ考えつく方法だと思います。親しい間柄であっても快諾してくれる方は少ないでしょう。もし個人的に貸してくれたとしても口約束だけで済まさずトラブル回避のためしっかりとした説明や借用書など書面を残すようにしましょう。もっともトラブルになりやすい方法だけに人間関係まで悪くなってしまってからでは遅いので貸してくれる感謝の気持ちも込めて契約書を作成することをオススメします。

消費者金融

消費者金融は用途自由な借入が可能ですが金利が高いので慎重に検討したですね。他社で借入などがある場合は審査で落とされることもあります。また借金の借り換えやおまとめをすることで総量規制対象外となりますのですでに借入がある場合は一本化するメリットは大いにあります。

カードローン

銀行系のカードローンは今のところ総量規制外ということで借り入れしやすい方法の一つです。ただしこれからルールが厳格化されることが想定されるので総量規制の対象になるかもしれません。

他企業出資

株式を他企業かに譲渡することを条件に出資を受けるのがこの方法です。株式の持ち株比率が半分の50%を超えると事実上経営権は譲渡したことになりますのでそこは留意が必要です。出資者と条件を綿密に打ち合わせする必要があり、出資する側も何らかのメリットがあり資金を出すのでお互いの利害関係を整理して契約することが成功のカギとなります。

他企業から出資を受ける場合横の繋がりがとても重要になてくるので人脈を作るためにイベントなどに積極的に参加するのもよいでしょう。

個人投資家・エンジェル投資家

エンジェル投資家またはエンジェル(ヨーロッパにおいてはビジネスエンジェルと呼ばれている)は、創業間もない企業に対し資金を供給する富裕な個人のことである。投資の見返りとして株式や転換社債を受け取ることが一般的である。エンジェル同士でグループを形成し、情報の共有や共同出資を行う動きも見られる。

出典:wikipedia

個人投資家やエンジェル投資家の多くは実際に起業家であることが多くいくつか企業を経営している場合が多いです。しかしながらなかなか身近に存在する人たちではないので有望な事業を展開しているのであれば出会うチャンスは高いと言えます。

融資

企業が受ける融資には国が支援するものから民間企業が貸し付けるものなど様々あります。融資条件が比較的ゆるいものから厳しいものまで様々ですが事業計画書など提出して審査をするので調達スピードは数週間かかり急ぎの場合には向きません。

公的融資制度

政府、自治体などの公的機関が行う融資を公的融資制度といい、民間の金融機関に比べると審査条件がゆるいので起業して間もない方には嬉しい制度となります。しっかりした事業計画がないと審査は通りませんし申請から融資までに時間がかかるのがネックとなります。

公的融資制度は大きくわけて3つあります。

  • 日本政策金融公庫
  • 信用保証協会
  • 商工会議所

それぞれ特徴があるので適切な融資を受けることでベストな資金調達ができます。

民間金融機関

民間金融機関は4つの分類がされます。

  • ノンバンク
  • 銀行融資
  • 信用金庫
  • 組合

特徴としてはそれぞれ違いはありますが共通して公的機関に比べて融資までの時間が短いです。公的機関では必要書類が多く審査がなかなか進まないのが一般的ですので民間金融機関を活用できれば資金調達が早くでき、それだけ早く事業展開ができます。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタル(venture capital、略称:VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行い、資金を投下するのと同時に経営コンサルティングを行い、投資先企業の価値向上を図る。担当者が取締役会等にも参加し、経営陣に対して多岐にわたる指導を行う。

出典:wikipedia

ベンチャーキャピタルは資金を出資するだけにとどまらずあらゆる面で協力してくれる心強い味方となります。しかし投資ファンドであることからリターンを追求してくるので経営に関しても深く関わってきます。出資を受けるのなら金融機関の融資よりもしっかりした事業プランを提示しなければなりません。彼らは投資に対するリターンをIPOとしているので優先株などの銀行にはない条件を提示してきます。大事なのは双方にとって利益になるかどうか、判断は非常に難しいですが経営者の判断が重要になってきます。

助成金・補助金

助成金・補助金は返す必要がないお金になりますので事業主にとって最も有利な資金調達になります。ただし給付を受けるには一定の条件を満たすことが条件となります。また大きなデメリットとしてお金が入ってくるまでの時間と手間がとにかくかかることが挙げられますし申請した金額が必ず満額入るとは限りません。近年では申請しやすい制度もあるのでメリット・デメリット理解して上手に活用すれば経営を安定させるように務めることができます。

国が行うものから全国各地の地方自治体で独自に実施しているものまで補助金・助成金の内容はさまざまなので事前に調べておく必要があります。

再就職手当

再就職手当と聞くと事業主は貰えていと一見思われがちですが起業する場合でも要件を満たしていれば給付される厚生労働省の創業支援となります。起業当初な何かと資金が必要になります。こうした創業支援を活用することもおおいに有用と言えます。

雇用保険の受給資格者自らが、雇用保険の適用事業の事業主となって雇用保険の被保険者を雇用する場合や、事業の開始により自立することができると認められる場合についても、事業開始日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上あり、一定の要件に該当すれば支給されます。

出典:厚生労働省

売掛金の現金化(ファクタリング)

ファクタリングは売掛金という流動性のない債権を現金化することによって資金調達をする方法です。本来売掛金は請求後、数ヶ月かかることもあり資金繰りの悩みどころになることが多くあります。この入金スパンを短縮して最短1日で売掛債権を現金化できる可能性もあるので今注目を集めている資金調達方法です。

ファクタリングは借り入れではなく銀行など融資を断られた企業でも利用可能です。

黒字経営であってもキャッシュフローの問題で頭を抱えている経営者の方は多くいると思います。以下の項目に当てはまる方はファクタリングを検討してみるのも良いかもしれません。

  • 金融機関で融資を断られた
  • 売掛先の支払い入金を早く受け取りたい
  • 取引先に知られずに資金調達したい


資産の売却

会社が所有する資産を売却することによって資金調達する方法です。不動産や株式、ゴルフの会員権など様々ありますが最近では自社が所有するWEBサイトを売却する事例もあります。